新車と新車以外

自動車保険はたくさんの人がお金を出し合い、事故にあった人をたすけるという相互補助の理念のもとに成り立つ保険です。ではその保険料はどのように決まっているのでしょうか?

保険料は加入者が乗っている車や、運転する人の年齢、使用目的などによって保険料が変わってきます。その際に「基本算出ポイント」を基に算出していきます。

基本算出ポイントの一つに、「新車かそれ以外」という項目があります。最新モデルの車と型落ちの車では、安全装置や車両構造などが違います。それによって、事故の発生率、万が一事故が発生したときの損害も変化します。型落ちの車より、新しい方が安全性の面からもリスクが低いとみなされるということです。自動車保険は事故を起こす可能性が低い車ほど保険料が安くなるため、ABS(アンチロック・ブレーキング・システム)やエアバック、衝突安全ボディ、横滑り防止装置などの安全装置が付いた車については、割引が受けられる可能性があります。また最近では自動追突防止装置のついた車も出てきました。まだ保険会社の割引は出てきていないようですが、今後は割引項目に含まれるようになるかもしれません。

各保険会社で、扱う安全装置割引もさまざまで、割引率も違います。

コメントは受け付けていません。