年齢の区分

18歳になると、高校生でも車の免許をとりにいく人も多いです。
若いころに車の免許をとると、友達に自慢したくなって、運転に慣れていないのに無茶な運転をしがちです。
車の免許をとりたての若者が事故を起こすニュースが、多く報じられています。
若ければ若いほど、車で事故をおこす確率も高くなるので、自動車保険も年齢条件を設定しています。
当然年齢設定が高ければ高いほど、自動車保険料は安くなり、低ければ低いほど自動車保険料は高くなるしくみになっています。
年齢条件の区分は保険会社によって多少違いますが、20歳以下の人が運転する場合は全年齢補償になり、一番保険料が高いです。次に高いのが21歳以上補償で、その次が26歳以上補償、30歳以上補償となります。
会社によっては35歳以上補償もあるので、よく確認してから契約してください。
家族が誕生日を迎えたら、保険会社に忘れずに連絡する事が大事です。
自動車保険の契約は、更新の時に変更するのではなく、自分のおかれた状況が変わり次第随時変更ができます。
特に21歳以上になった時と、26歳以上になった時は、大きく割引されるので、忘れずに変更しましょう。
35歳以上の人は、35歳以上の年齢条件設定ができるところの方がお得です。

コメントは受け付けていません。