保険料の高い・安いの違い

現在の保険は、一昔前とはだいぶ料金設定の方法が違います。
昔は、それこそ会社ごとで保険料もかなり違ったもんですが、今ではどこも一緒くらいです。

それでも、料金設定に高低が付いているのはどうしてなのでしょうか。
これは、その保険に加入するドライバーの属性によって料金設定に高低が付いているのです。
例えば、ドライバーの住んでいる地域が交通事故の多い地域ですと事故を起こす可能性が高くなるので、料金を高い金額に設定します。

逆に、ドライバーの住んでいる地域が事故率の少ない地域ですと保険に掛る料金も安い金額に設定するのです。
このように、ドライバーの属性としては年齢や、それまでの自己の有無、そして乗っている車などによって保険に掛る料金を設定しているのです。

そのため、現在の保険の仕組みでは自分の属性が大きく変わらないと保険に掛る料金も大きく変わらない仕組みとなっているのです。
ですので、あまり保険会社を乗り換えると言うのは、料金を安くする手段としてはあまり意味が無いのです。

このように、現在の保険の仕組みではドライバーの属性によって料金が設定されるという仕組みになっています。料金を安くする一番の近道は、無事故を心がけることなのです。

コメントは受け付けていません。