保険金額の設定と免責金額

自動車保険は事故が起きたときに保険金が支払われるシステムですが、その支払いのときに一定の金額を自己負担するのが免責金額という方法です。
多くの保険会社は免責金額を設定できるのを対物賠償保険と車両保険に限っています。これは被害者を保護することが自動車保険の一番の目的という考え方からですが、このやり方を活用することで保険料を抑えることができます。
保険のシステムは契約者から保険料を徴収して、事故を起こした人に支払うやり方です。このシステムでは保険を利用する人とそうでない人で保険料の負担額を変えることが必須条件です。そうでないなら保険というシステムが成り立たなくなってしまいます。
そのほかに重要なことは適切な保険金額を決めることです。例えば、100万円の価値しかないものに一千万円の保険金を設定することはできません。これを許すなら保険詐欺に加担することになりますし、当然ですが保険が成り立たなくなります。
このように保険というシステムを考えるとき、適切な保険金と免責の金額を活用することはとても大きな意味画あります。適切な保険金は保険会社にとって重要ですし、免責金額は利用者が負担する保険料を抑えることに役に立ちます。

コメントは受け付けていません。