‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

通販型と代理店型の違いはここ!

2014/09/11

自動車保険は決して安い買い物ではありません。1年に数万円の保険料を支払うのですからパソコンを毎年購入しているようなものです。初めて保険に加入する人の場合ですと数万円どころか10万円を超えることもありますからなおさらです。
現在、自動車保険に加入する方法は2つあります。通販と代理店ですが、それぞれの特徴を理解することで安く安心できる自動車保険に加入することができます。
保険料は2つの要素から成り立っています。ひとつが純保険料であとひとつが付加保険料です。純保険料とは事故を起こした人に支払う保険金のことで、付加保険料率とは保険会社を運営するために必要な経費のことです。例えば、保険会社の従業員の給料や保険代理店への手数料などがあたります。
一般に通販型のほうが保険料が安い傾向がありますが、その理由は付加保険料の違いにあります。単純に比較しますと、通販型には代理店に支払う手数料がありませんので、その分保険料が安くなって当然です。
このように自動車保険の保険料率は純保険料率と付加保険料率によって構成されていますが、前者は損害保険料率算出機構が算出したものです。ですから、この数字はどこの保険会社も同じですので代理店型と通販型の違いは付加保険料率を工夫していることといえます。

同じ排気量でも保険料が変わる?

2014/09/11

自動車保険はおおまかに言えば排気量やボディの大きさなどから保険料が決められていますが、さらに詳細に区分して料率を決めています。同じ車でもグレードによって排気量が違う場合がありますし、駆動方式の違いもあります。グレードによって装備が異なるのが普通ですが、安全装備の有無も異なってくるのです。このように同じ車でもそれぞれに異なるグレードがあるため、自動車保険では型式別料率クラスによって保険料を決めているのです。型式別の料率クラスは常に一定となっているわけではなく、毎年見直しが行われています。車の型式が同じなのに見直しが行われるのは、前年に事故によって保険を使う機会が多かった場合に料率クラスが上げられるのです。ですから、前年の事故件数が少なくなれば料率クラスが下がることになります。スポーツカーなどの高性能な車種はスピードが出るために料率クラスが高く設定されていますし、車高の高い四輪駆動車は人身事故で深刻なダメージを与えやすいため同じ排気量でも料率クラスが高く設定されているのです。車を乗り換えるに当たり同じ保険料だと思っていても、リスクの大きさから料率クラスが異なっているのです。料率クラスの差が大きくなると保険料の違いも大きくなるため、保険料を考えた車選びも大切です。

保険料の高い・安いの違い

2014/09/11

現在の保険は、一昔前とはだいぶ料金設定の方法が違います。
昔は、それこそ会社ごとで保険料もかなり違ったもんですが、今ではどこも一緒くらいです。

それでも、料金設定に高低が付いているのはどうしてなのでしょうか。
これは、その保険に加入するドライバーの属性によって料金設定に高低が付いているのです。
例えば、ドライバーの住んでいる地域が交通事故の多い地域ですと事故を起こす可能性が高くなるので、料金を高い金額に設定します。

逆に、ドライバーの住んでいる地域が事故率の少ない地域ですと保険に掛る料金も安い金額に設定するのです。
このように、ドライバーの属性としては年齢や、それまでの自己の有無、そして乗っている車などによって保険に掛る料金を設定しているのです。

そのため、現在の保険の仕組みでは自分の属性が大きく変わらないと保険に掛る料金も大きく変わらない仕組みとなっているのです。
ですので、あまり保険会社を乗り換えると言うのは、料金を安くする手段としてはあまり意味が無いのです。

このように、現在の保険の仕組みではドライバーの属性によって料金が設定されるという仕組みになっています。料金を安くする一番の近道は、無事故を心がけることなのです。

年齢の区分

2014/09/11

18歳になると、高校生でも車の免許をとりにいく人も多いです。
若いころに車の免許をとると、友達に自慢したくなって、運転に慣れていないのに無茶な運転をしがちです。
車の免許をとりたての若者が事故を起こすニュースが、多く報じられています。
若ければ若いほど、車で事故をおこす確率も高くなるので、自動車保険も年齢条件を設定しています。
当然年齢設定が高ければ高いほど、自動車保険料は安くなり、低ければ低いほど自動車保険料は高くなるしくみになっています。
年齢条件の区分は保険会社によって多少違いますが、20歳以下の人が運転する場合は全年齢補償になり、一番保険料が高いです。次に高いのが21歳以上補償で、その次が26歳以上補償、30歳以上補償となります。
会社によっては35歳以上補償もあるので、よく確認してから契約してください。
家族が誕生日を迎えたら、保険会社に忘れずに連絡する事が大事です。
自動車保険の契約は、更新の時に変更するのではなく、自分のおかれた状況が変わり次第随時変更ができます。
特に21歳以上になった時と、26歳以上になった時は、大きく割引されるので、忘れずに変更しましょう。
35歳以上の人は、35歳以上の年齢条件設定ができるところの方がお得です。

保険金額の設定と免責金額

2014/09/11

自動車保険は事故が起きたときに保険金が支払われるシステムですが、その支払いのときに一定の金額を自己負担するのが免責金額という方法です。
多くの保険会社は免責金額を設定できるのを対物賠償保険と車両保険に限っています。これは被害者を保護することが自動車保険の一番の目的という考え方からですが、このやり方を活用することで保険料を抑えることができます。
保険のシステムは契約者から保険料を徴収して、事故を起こした人に支払うやり方です。このシステムでは保険を利用する人とそうでない人で保険料の負担額を変えることが必須条件です。そうでないなら保険というシステムが成り立たなくなってしまいます。
そのほかに重要なことは適切な保険金額を決めることです。例えば、100万円の価値しかないものに一千万円の保険金を設定することはできません。これを許すなら保険詐欺に加担することになりますし、当然ですが保険が成り立たなくなります。
このように保険というシステムを考えるとき、適切な保険金と免責の金額を活用することはとても大きな意味画あります。適切な保険金は保険会社にとって重要ですし、免責金額は利用者が負担する保険料を抑えることに役に立ちます。

運転者限定

2014/09/11

自動車を運転する可能性がある人は必ず自動車保険に入ることが必要となってきます。
保険に入っているか入っていなかで人生が変わる可能性があります。すぐに対応してもらえる保険にはいることで万が一のときに早い対応をしてもらうことが可能です。
自動車保険の支払い金額は保証内容によってことなってきます。運転者限定の場合と家族限定、本人・配偶者限定、限定なしのタイプがありそれぞれ保証内容がことなり支払い金額も違います。
保証をする幅を広げれば広げるほど支払い金額は高くなり、保証する人を限定するほど安くなる傾向があります。
その車を運転する人が多い場合は限定なしの保証を契約する必要があります。
車はとても便利な道具ですが人を殺してしまう可能性もある道具です。
万が一が起こってしまたとき、役にたつのが自動車保険です。自分を守るため、そして被害者を守るために必ず保険に入る必要があります。また保険の内容によって支払い金額が異なるためよく保険内容を吟味し、どの保険にするか決めることが重要です。
毎月支払うタイプのものから一括で支払うタイプのものもあります。どの方法にするかは選ぶことが可能です。
自分を守ってくれる保険だからこそ、納得のいくものを選択する必要があります。

新車と新車以外

2014/09/11

自動車保険はたくさんの人がお金を出し合い、事故にあった人をたすけるという相互補助の理念のもとに成り立つ保険です。ではその保険料はどのように決まっているのでしょうか?

保険料は加入者が乗っている車や、運転する人の年齢、使用目的などによって保険料が変わってきます。その際に「基本算出ポイント」を基に算出していきます。

基本算出ポイントの一つに、「新車かそれ以外」という項目があります。最新モデルの車と型落ちの車では、安全装置や車両構造などが違います。それによって、事故の発生率、万が一事故が発生したときの損害も変化します。型落ちの車より、新しい方が安全性の面からもリスクが低いとみなされるということです。自動車保険は事故を起こす可能性が低い車ほど保険料が安くなるため、ABS(アンチロック・ブレーキング・システム)やエアバック、衝突安全ボディ、横滑り防止装置などの安全装置が付いた車については、割引が受けられる可能性があります。また最近では自動追突防止装置のついた車も出てきました。まだ保険会社の割引は出てきていないようですが、今後は割引項目に含まれるようになるかもしれません。

各保険会社で、扱う安全装置割引もさまざまで、割引率も違います。

用途や車種

2014/09/11

自動車保険の保険料は全ての人が同じではありませんが、補償内容や特約によって料金が異なってきます。しかし保険料の違いはこれだけではなく、用途や車種、型式事の料率クラスによっても変わります。新車の場合には最新の安全装置が付いていると割引が行われますので、車の基本性能によっても保険料は変わってくるのです。自動車保険の保険料は色々な条件によって変わりますが、最近ではさらに詳細な条件によって保険料を安くすることが可能です。現在ではリスク細分型自動車保険が登場し、基準を満たせば保険料を安くすることが可能です。年齢や性別、運転歴や運転する地域によっても異なりますし、年間走行距離によっても変わってくるのです。リスクを細分化することで、事故にあるリスクが少ないほど保険料を割引システムとなっています。毎日通勤で運転する人よりも、休日にしか運転しない人のほうが事故にあうリスクは少なくなるため、リスクの高さに応じて保険料の負担を変えることが可能なのです。交通手段の発達した地域では、1年を通してほとんど車を運転しないと言う人が多くなりますが、このような人は事故を起こす可能性低いために保険料を安く抑えることが可能なのです。

保険料はどんな風に決まっている?

2014/09/11

自動車保険の保険料は、自動車の車種や用途、運転者によって決められます。まず、自家用車か営業用車なのか、自動車の種類によって区分されます。例えば、普通乗用車とか普通貨物車などがあります。次に、型式別料率クラスです。車検証に記載されている最も安い1クラスから、最も高い9クラスに区分されています。事故の多い車は高いクラスに変更されていきます。そして、若年運転者ほど事故のリスクが高い傾向があるとして、運転者の年齢によっても区分されます。他には家族限定、本人と配偶者限定、限定なしとわけられています。そして、料金を安くするポイントは等級です。自動車保険には等級があり、事故をしてしまうと等級が3つ下がって、無事故だと1年ごと等級が1つずつあがるので、料金が安くなっていきます。軽い事故や傷などの場合は、保険を使わない方が等級が下がらないので、お得な場合もあります。等級を下げないことは、料金を安くするポイントになってきます。さらに、リスク細分型保険というより詳細なリスク項目によって安く済ませることも可能です。安全装備が充実している車かどうか、年間走行距離が少ない、ゴールド免許所有者、性別などで区分されます。各保険会社の割引制度を把握して、安くなるところを探してみると良いでしょう。