ここが気になる!自動車保険料:保険料の仕組み

a0027_000273 自動車保険料は他の保険同様、多くの被保険者が保険料を保険者に支払、万一の場合に保険金を受け取るという相互補助の理念のもとに成り立っています。その保険料の仕組みは、加入者が乗っている車種や通勤目的か、運転者の属性例えば家族のみか否か、そしてその年齢などにより保険料が算定されます。例えば事故率の高い車種であれば、納める保険料も高くなる傾向にあります。またリスクが高いと判断される車、例えばスポーツカーは、軽自動車と比べ保険料が高くなります。つまり、リスクが高い車ほど保険料も高くなるのです。このような理由から契約者ごとの属性に応じて、保険料にバラつきが生じます。保険料に差が発生する要素は以上のような属性に応じて発生する訳ですが、具体的に保険料が高いのか、または安いのかは、基本的に保険会社が独自の料率を用いて決定していきます。一方で、損害保険料率算出機構というところの参考純率を用いる保険会社もあります。いずれの場合も、過去のデータに基づいて料率が決められます。 このように保険料は、過去の自動車車種の事故率や、運転者年齢の事故率等をかんがみながら保険料率が決定されそれに基づき保険料が算定されるという仕組みなのです。000829

車査定